楽器紹介

★このページでは、DKMCで使用している楽器を紹介しています。

マンドリン   Mandolin
リュートから派生したイタリア生まれの楽器。バイオリンと同じ音階ですが、弓ではなくピックで弾きます。2本1組で4組、計8本の弦を張っています。同じ音を細かく鳴らす「トレモロ」、ピックで弦をはじく「ピッキング」を主に使います。
マンドリンオーケストラでは「1stマンドリン」「2ndマンドリン」に分かれて、主にメロディーを担当します。
マンドラ    Mandola Tenor
マンドリンよりも一回り大きく、中音域を担当します。その特徴を生かし、メロディーや伴奏を幅広くこなします。音域だけでなく、音色もマンドリンとは異なります。
マンドロンチェロ(セロ)   Mandolon Cello
マンドラよりもさらに一回り大きく、低音域を担当します。伴奏を担当することが多く、マンドリンやマンドラを支えます。低音ならではの力強い音色が特徴的です。
クラシックギター   Classical Guitar
ピックで弾くエレキギターやアコースティックギターとは違い、爪で弾きます。複数の弦を同時に弾くことができるので出せる音のバリエーションが多彩です。主に伴奏を担当しますが、ギターパートだけのソロもあります。

コントラバス   Contra Bass
マンドリンオーケストラの中では最も低い音域を担当し、曲に重厚感をもたらします。弓や指で弾き、全く異なる2種類の音色を使い分けて伴奏をします。クラブでは「ベース」と言うことが多いです。


楽器ではないですが…
指揮者   Conductor
オーケストラの中心に立ち、合奏の進行を行います。曲をより良いものにするために各パートに曲想を伝え、自身の動きで表現します。学校によって先生が担当されたり生徒が担当したりしますが、DKMCでは生徒が担当しています。(何らかの楽器のパートに入って、途中から指揮者を兼任することになります。)